rainfarm

お知らせ

プチ増築!構造見学会のお知らせ

プチ増築で、仕事スペースを快適に。
中古リフォーム

ウチのリノベ【潤建築さんにて】

昭和50年代の中古の家をリノベーションしながら、暮らしています。LDK、トイレのリノベーションに続き、設計室と木工ギャラリーを広げる工事が始まりました。基礎まで何とかセルフで形をつくり、ここから骨組みのところは八ヶ岳のふもとで伝統工法に取...
建築と環境

ヒノキ香る階段

9月に入った現場です。ようやく少し涼しくなってきました。これは階段の踊り場部分を大工さんが作っている最中。ヒノキの厚板を自然接着剤でつないで、大きな面材にしました。階段下の収納やトイレが少しでも広く使えるようにと、作りを工夫してく...
家の素材

脱プラスチックなバルコニー

洗濯物を干したり、プランターを並べたり、夜には星を見上げたりするバルコニー。「バルコニー、うちにもあるよ」という方は、床が何でできているかご存じでしょうか。 一般的なバルコニーはFRP防水といって、ガラス繊維に合成樹脂(プラスチック...
レトロ

出雲崎

新潟の出雲崎。日本海が目の前のこの辺りは、板張りの古い家屋が軒を連ねていました。潮風に強い木の板。金属ではこんなに持たなかったでしょう。ところどころ取り壊されたところもあって、壊された家の痕跡が、隣の家に残っています。こんな痕跡を...
家と庭

グランドカバープランツ

庭の通路や土の露出しているところをカバーしたい場合にオススメなのが、「ヒメイワダレソウ」。どんなに踏んで歩いても、大丈夫。それどころか踏んだところは、葉が緻密になって、しっかり地面を覆ってくれます。もともと田んぼの畦道に植える品種...
現場の話

ガルバ屋根の暑さ対策

梅雨の晴れ間を縫って、屋根の工事が進んでいます。屋根の素材はガルバリウム鋼板。軽くて耐久性のある素材で、地震対策にもいいのですが、夏の日差しで熱くなることが欠点と言えます。でも、屋根の下に「通気層」をつくることで、日差しの熱を逃がすことが...
現場の話

オープンガーデン&リフォーム見学会

昭和50年代の我が家のリフォームは、じわじわ進んでおります。前回はリビング・ダイニングキッチンのスケルトン改修でしたが、今回はトイレが完成。古い家にありがちな和式トイレ。風情あるタイル張りで、惜しい気持ちもあったのですが、今の暮ら...
現場の話

旗竿敷地で上棟

都会によくある、いわゆる「旗竿敷地」での上棟です。道路から、幅2mほどの細長い土地を通って、その奥に家を作る計画です。 一般的な敷地では、クレーンを使ってヒョイヒョイと材木を吊り揚げるのですが、このような敷地の場合は、クレー...
現場の話

自然栽培綿のカーテン

建て主のAさんが、カーテンの写真を送ってくれました。自然栽培綿を五倍子で染めたもの。五倍子は、植物がアブラムシに刺激されて作ったコブだそうで、その中のタンニン成分で染まります。これは鉄媒染で、濃い色が出ていますが、媒染によっていろ...