rainfarm

中古リフォーム

ウチのリノベ【壁を動かす】

壁をなくして、広いLDKに。 8帖の台所と8帖の和室の間に間仕切り壁があって、作って食べるところと、くつろぐところが分かれていました。これも昭和の家によくある間取り。これを1つの空間にするには、間仕切り壁を撤去すればいいので...
家と庭

ブルーブッシュの窓辺

枯れかけたブルーブッシュが。 アカシア・ブルーブッシュ。ミモザとも呼ばれるように、黄色い花を咲かせます。青みがかったシルバーグリーンの葉は常緑なので、庭がさみしくなる冬でも楽しめるのが気に入っています。 4年ほど前だっ...
中古リフォーム

ウチのリノベ【砂壁を漆喰に】

古い家のにおいは砂壁から 古い家は埃っぽいようなにおいがすることがありますよね。砂壁とか畳は、いわゆる呼吸する素材なので、たばこや油などの生活臭を吸い込んでいます。吸い込んだにおいは気温が高くなったりすると部屋の中に吐き出さ...
中古リフォーム

ウチのリノベ【浄化槽】

古い浄化槽と新しい浄化槽 この家が建ったころは、「単独浄化槽」といって、トイレからの汚水だけを浄化する装置が一般的でした。人口が多い地域では、下水道が整備されて、トイレはもちろん、おフロや台所からの汚れた水を、浄水場できれい...
現場の話

平屋みたいな2階建ての家、上棟。

南アルプス市の風景が気に入って、土地探しからご相談いただいたのがちょうどコロナの直前でした。コロナの波、土地探しの波、そしてウッドショックの波と、いろんな波を乗り越えながらの上棟(うれし涙!)。いつもの国産材の柱や梁が、今回はさら...
中古リフォーム

カラフルになったソイルペイント!

粘土や陶土、石灰が原料のソイルペイント。クレイペイントとか粘土の塗料として20年ほど前にドイツから日本に入るようになりました。私が輸入に関わっていたエコオーガニックハウスの「ねんどの塗料」もその一つでしたが、当時は色のバリエーションが白、...
中古リフォーム

ウチのリノベ【解体しながら考える】

農家系の家あるある 家を決めたものの、都会の家と違って、農家系の家はとにかく家が広い、和室が多い。ウチの場合6DKですが、5部屋は畳の和室でした。畳はゴロンとできて気持ちよくって、とても好きなのですが、リビングや仕事部屋は椅...
中古リフォーム

ウチのリノベ【リノベするなら昭和の家】

在来工法はリノベ向き 私たちが中古探しで第一条件にしたのは、「古民家でない、在来工法の家であること」。在来工法というのは、簡単に言うと昭和、特に戦後の昭和からの家のスタンダートな作り方です。いわゆる「茅葺きの古民家」ではなく...
中古リフォーム

ウチのリノベ【買う前にチェックしたこと】

中古の家を自分だけの好きな空間に。 中古の家に手を入れて、自分の好みに作り替えたい。プロに直してもらったり、自分たちで手を動かしたりして、古い家が好きな空間になっていくのを楽しむ、そんなリノベーションを自ら体験中のレインファ...
家の素材

障子で省エネ

窓が熱の出入り口に 夏の暑さや冬の寒さってどこから家に入ってくるでしょうか?だいたいですが、熱の4~5割は窓から出入りしているのだそう。特に日本の家って、出入りできる「掃き出し窓」が多かったりするので、欧米に比べると窓の面積...