山梨に住んで実感したこと。

東京の国立から移転してきてまだ2年経っていませんが、
夏が来るたび実感することがあります。
空気がカラっとしていて、汗をかいても、べたべたしない!
ここはそれほど標高が高いわけでもないので、昼間はふつうに暑いのですが、
夕方になるとスーッと山から冷気が下りてきて、窓を閉めても眠れるくらい涼しいです。
寒暖差が大きい、というとあまり住みやすくないイメージかもしれませんが、
温度計では同じ30度でも、湿度が低いだけでこんなに感じ方が違うんだ!
と実感しています。

2020年から義務化される「省エネ法」では、気温や熱のことが中心に考えられていますが、人間が「心地よい!」と感じる家はまた違ったモノサシがある気がしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする