rainfarm

中古リフォーム

ビフォーアフター1

築38年の典型的な木造2階建ての家です。
建築と環境

古民家と省エネ

山梨・北杜市にある旧平田家住宅です。 土間の三和土(たたき)は石灰やにがりを土に混ぜて叩いたもの。 雨が跳ねて壁を傷めないように、杉皮を貼ってありました。 屋根は茅葺きで、いわゆる「基礎」はなくて、石の上に乗っているだけ。 ...
レトロ

石積み

今年の夏、沖縄・石垣島で立ち寄ったお屋敷の塀です。 サンゴ礁が元になっている石積みは、少しラフな感じです。 ラフなのに、決していい加減な感じがしないのは、面が揃っているせいか。 サンゴだった頃からの、年月の流れを感じます。 ...
家の素材

ずっと見ていたいタイル

キッチンは長い時間を過ごす場所なので、 気に入ったものに囲まれていたいですよね。 タイル好きの私は、ここに一番好きなタイルを貼りました。 いろんなグリーンがミックスされた「スイレン」という題名のタイル。 艶のある釉薬やマット...
お知らせ

新築完成見学会in日野市

無垢の木と塗り壁の外観が優しい二世帯住宅です。 ペレットストーブ、床暖房、山桜や栗の床、蔵の玄関戸、切子ガラス、左官壁等、 体がホッとできるようなエコロジカルな素材を体感いただけます。 8月19(土)、20(日) 午前の...
家の素材

モザイクタイル

直径27ミリほどの小さくて丸いモザイクタイル。 オザワタイルワークスの製品です。 築40年近い民家のお風呂場の床も同じモザイクタイルでした。 昔から変わらないのに、飽きないのが不思議です。 よく見ると1つ1つ色むらがあって、...
建築と環境

ゴミになる家・土に還る家3

埋め立てられるのは、リサイクルできない建築材料たちですが、 木材はリサイクルできるから問題ない、かと言えばそうでもありません。 秋田の山奥の最終処分場の帰り、秋田港近くの工場地帯へ行きました。 ここには、山のように積み上げられたベ...
建築と環境

ゴミになる家・土に還る家2

家を壊すと、いろんな種類のごみが出ますが、 まずリサイクルできるものと、できないものに分けられます。 アルミや鉄などの金属や木材はリサイクルへ。 リサイクルできないものは埋め立てられるために、 秋田の管理型最終処分場に運ばれました。...
建築と環境

ゴミになる家・土に還る家1

高度成長期の家が教えてくれること 歩くと抜けそうなベニヤの床、黄ばんだビニルクロス、割れたプラスチックの照明カバー。 中古の家を建て替えるとき、必ず目にする建築材料です。 高度成長期に大量に出回った「新建材」と呼ばれるこうしたもの...
家の素材

安全な塗料選び

世の中でたくさんのペンキが使われています。 家づくりでは、ドア、床板、外壁、屋根など、たくさんの塗料が使われますが、 そのほとんどが石油から作られた「合成樹脂」入りの塗料です。 ウレタン、アクリル、メラミンという名前で、聞いた...