中古住宅のインスペクションに半額補助!

中古の家を買うとき、これまでは不動産屋さんの情報だけで決断するしかありませんでした。
ここ数年でようやく購入前に中立的な調査を入れる「インスペクション」が知られるようになってきましたが、まだまだ一般的ではないようです。

都会でも地方でも大きな問題になっている「空き家」。
「古い家はどこが傷んでるかわからない」、「リフォームすべき個所や費用がわからない」「不動産屋さんに聞いてもきちんとした情報がいまいちわからない」という不安の声をよく耳にします。

考えると、人生最大(?)の買い物をしようというのに、中身も知らずに買っているような状態ですよね。きちんと家の状態をチェックしてから、買うかどうか決める・・・そんな当たり前のことがようやく今年改正された宅建法で可能になりました。

中古の家を売買するときに、住宅診断(インスペクション)を希望するかを事前にご自身の意志で選べるようになったのです。今年4月から改正された宅地建物取引業法では、売買時に売主が買主にインスペクションについて説明し、希望する場合は第三者に依頼することができるよう、売主に説明を義務付けています。

さらに、自費で全額負担となっている調査料については、山梨では費用の半分(5万上限)で助成を受けられる制度がスタートし、より利用しやすくなっています。
※追記:助成を受けるには条件があります。市町村によって助成する条件が異なりますので、ご相談の際は市町村名をお知らせください。

既存住宅状況調査技術者の資格をもった建築士が調査をすることができます。
もちろん私も資格者ですので、自分の家の時もくまなく調査しました(笑)。

中古の家を空き家にしておかずに、活用することができるということは、長く使われる家になる、という点でとてもエコロジカルなのです。インフラもすでにそろっていることがほとんどなので、新たな開発や破壊も最小限に抑えられます。

もし、これから買おうかと思っているのでしたら、ぜひインスペクションを検討してみてほしいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする