日本の山から

柱、梁、土台はもちろん、下地材、床材、窓枠材など、あらゆる木材を日本の山で育てられたものを使います。どうして国産にこだわるのか、理由があります。

戦後日本は焼け野原になったので、家を建てるための木材が不足しました。国は山に建築に適した杉やヒノキを植えるように政策を掲げ、林業家たちはこぞって植林しました。
ところが、途中で風向きが変わります。輸入木材をタンカーで大量に仕入れて住宅をつくる大手メーカーがシェアを伸ばし、それまでほぼ100%だった木材自給率が今では20%台となってしまいました。TPPで騒がれるずっと前から、林業は国際化の波にさらわれ、後継ぎもできない状況に陥りました。
その一方で輸入材の産地では、長年森と共生してきた原住民や野生動物の居場所がなくなってしまうほどに根こそぎ伐採され、結果として地球温暖化を推し進めてしまいました。
東南アジア、ニュージーランド、ロシア、北欧と産地を移動しながら、元の姿にできないくらい破壊的な伐採が続けられ、日本に大量の木材が送り込まれ、何十年もかけて育った森はティッシュペーパーやコピー用紙や家になりました。
この間、後継ぎもできない森は放置されたりもしましたが、なんとか枝打ちや下草刈りなどの手入れを続けてきた林業家の森が育ってきました。
この木々を計画的に伐採して、お金に換え、それをもとに苗を植えていくことが林業を続けるために必要です。日本はほぼ7割が山ですから、林業が元気になれば日本の多くの地域に雇用が生まれ、若い人も地域で山と寄り添って生きることができるのです。
また、森を計画的に手入れすることは、土砂崩れなどの災害防止にもなりますし、若い森ほど二酸化炭素をより多く吸収するので、地球規模の環境保全にもつながる意義ある仕事です。